オリジナル絵本アンディネット からくりの仕組み(リンク装置)

オリジナル絵本アンディネット
http://www.andynet.co.jp

トップページへ戻る 総合案内所 -サイトマップ- 買物かご -買物かごの中を確かめます-お支払方法と送料について 個人情報保護について - プライバシーステートメント -
Topフライングピック > からくりの仕組み(リンク装置) 

フライングピックシリーズ
からくりの仕組み

フライングピッグシリー ズは、歯車、クランク、リンク 装置など、さまざまな部品が活躍して楽しい動きをします


[リンク装置]

リンク装置は多くのメカの大事な部分です。
運動の方向を変えたり、可動部品のスピードやタ イミングを変えることができます。
この例では、二つのリンク装置が使われていま す。
駆動軸(左下)の小さな直線的な運動を、まず全体の回転運動に変え、それからハンマー のすばやい動きに変換します。
ハンマーと駆動軸のスピードの違いをごらんください。


基本的な4本の棒からなるリンク装置です。
4本の棒が平行四辺形を作っています。
2本のオレンジ色の棒 の長さは等しく、赤い駆動部分の二つのジョイントの間隔と黄色の固定された棒の二つのジョイントの間隔は等しくなっています。
上にあるオレンジの棒は、下の軸 とまったく同じ動きをします。
棒や、支点間の長さを変えることで、動きを変化させることができます。


ここでは、長い黄色の棒と赤い棒の長さは、前のペー ジと同じです。
赤い棒の先端を見てみましょう。
なめらかに動いて、最後にキュッと右へ倒れます。


とても変った組み合わせがこれです。
2本の長い棒が交差しています。
この場合、オレンジの棒は緑の棒の動きにより、まるで蹴り上げるように動きます。
オートマタに使えそうな仕組みですね。

<< 戻る  次 >>

カムレバー|リンク装置|ラチェットクランクスライダギヤ

ペーパークラフト「フライングピッグ」
フライングピッグトップへ戻る

このホームページで使用しているフライングピッグのロゴ、画像および一部テキストの著作権は
英フライングピッグ社ならびにフライングピッグジャパン(株式会社モーレン)にあります。
ロゴ、画像およびテキストデータのの無断転用は固くお断りいたします。


プライバシーポリシー特定商取引法に基づく表示サイトマップトップページ
ソース、テキスト、画像等の無断転用を禁じます